Nogizaka's Blog

Inoue Sayuri’s blog 2020.04.27: La Fin! (English Translation)

こんにちは。





今日が乃木坂46として最後の日です。

約10年前、15歳のときに
役者を夢見て芸能界に入りました。

当時、色々なオーディションを
受けましたが一向に受からず、
とても苦戦していました。


両親に頼りたくはありませんでしたが、
まだ自分だけの力では養成所に入る
お金もなければ、歌やダンスといった
お芝居に必要な要素を習いに行く
お金もありませんでした。

そんな時に勧められたのが
アイドルでした。

最初は正直抵抗があったのですが
「実力もない、経験もない、
知名度もないのに何ができるの?」
と言われたとき、その言葉があまりに
胸に刺さりすぎて笑
何も言えずにただ涙が止まらず、
アイドルになることを決意しました。


アイドルになれば、色んな現場を
経験することができるし、
ダンスや歌のレッスンも必須。

それに、もし、誰か一人でも
自分の名前を覚えてくれたら、、
そんなに有難いことはないと思いました。


16歳でアイドルの番組に出演し、
そのすぐ後に、乃木坂46の
オーディションを知って、
受けることにしました。


最初から一心不乱で余裕がなくて
精一杯だった自分は、周りと温度が
違ったかもしれません笑


こうなりたい!っていう、
目的しか見えてなかったんですが
活動しているうちに、自分の夢だけでなく
このメンバーの為に、このグループの為に、
『貢献したい』と思うようになっていました。


それは、わたしにとって宝物のような時間を
メンバーの皆が与えてくれたからです。
仲間と共に頑張ることの楽しさや、
素晴らしさを教えてくれました。


そして、いつしかわたしの夢を
沢山のファンの人が
応援してくれるようになり、
支えてくれるようになり、
自分一人で追いかけていたはずの夢は、
もう自分だけの夢ではなくなって
いることにも、気づいていきました。


紅白歌合戦出場、レコード大賞受賞、
東京ドームライブ、アジア進出、、
無名だったわたし達が
乃木坂46というグループとして
どんどん色んな人に認められていくのは
とても不思議な感覚でした。


ただ、そうなっていく乃木坂46を
感じる度に、より具体的に離れることを
意識していく自分も居ました。

なぜならば、こうして乃木坂46として
頂いた名誉や功績は皆のものであって、
わたしがお芝居をする上では
全く関係がないというか、

母体がどうなろうがわたしの力不足は
変わらなくて、グループがどれだけ
大きくなっても、そこに驕るようなことは
絶対にしてはいけない、と
スケジュールが空いている時間があれば
色んなレッスンを入れてもらい、
それを活かして、更に色んな作品にも
チャレンジさせてもらい、、何年もかけて
地道に、少しずつ進んできました。


ただ、一人で頑張っていた最初の頃とは
全く違い、皆が居たから頑張れたし、
どんな現場に行っても大切な乃木坂の名前を
汚さないようにと気が引き締まったし、
常に感謝しながら過ごしてきた日々でした。
このメンバーでなければ、もっと違う
気持ちになっていたかもしれないし、
みんなに出会えてよかったと、
何度も何度も、心から思います。




乃木坂46がもっともっと愛される
集団になりますように。
これからも応援してくださると有難いです。


思い返せば通過点としてしか
考えていなかったはずなのに、
いつの間にか大好きになってしまって、
こんなに長居してしまうとは
思いませんでしたが、

アイドルになってよかったです!

有難うございました。

皆さんお身体、
ご自愛ください。

またお会いましょう!


今日の東京はいいお天気です。






井上小百合

=======================================

Hello.

Today is my last day as Nogizaka46.

About 10 years ago, when I was 15,

I entered showbiz cause I’m dreaming of being an actress.

At that time, I took so many auditions, but none of it was a success and was a really hard time for me.

I don’t want to rely on my parents but I, who lack of power, was also don’t have money to learn the most basic and critical point in acting, which are singing and dancing.

That moment, someone recommend me something.

It was idol.

At first, to be frank I declined it but then I was being told, “what can you do with no skill, experience and fame?”

Those words pierced my heart so deep lol

I can’t do nothing but crying

And made up my mind to be an idol.

Being an idol means I can have experience in so many fields, of course dancing and singing are also essential.

Besides, if someone could remember my name even only one person

That would be an honor for me.

At age 16, I was appear on an idol program and right after that, I know about Nogizaka’s audition and decided to apply.

Since the beginning, I did it wholeheartedly and I think the air around me was a bit different with the others lol

“I want to be like this!”

I can see nothing but my own goal but when doing group activities, not only for my dreams, I started to think and feel like I “want to contribute” for the group, for the other members.

For me, that ‘time’ was a precious gift that members gave to me.

They told me how magnificent and how fun it is to work together with your comrades.

Therefore, I don’t know since when, lots of fans support my dream and rooting for me.

It was supposed to be a dream that I should chase alone but now I realized that that dream wasn’t only mine anymore, but ours.

Appear on Kouhaku Utagassen, winning JRA, concert at Tokyo Dome, went for Asia live…

We, the nameless people, being acknowledged by lots of people as a group called Nogizaka46.

What a strange feeling.

However, as Nogizaka46 become like that, my will to leave from the group become more clear.

If you wonder why, the prestige and achievements that we got as Nogizaka46 was the results of everyone’s hard work. It has nothing to do with my acting.

No matter what record the group has achieved, I’m still lack of power. No matter how big the group has become, I couldn’t take it for granted. And so, whenever I have free time on my schedule, I asked my manager to put many lessons, and want to challenge myself to try many things. No matter how long it takes, many years, I will keep moving straightforward.

But, to do things on my own is kinda different compared to our early days. Because everyone was there, I could overcome this. I was being careful so I won’t disgrace the precious name of Nogizaka46. I spent each day with gratitude.

If the members weren’t them, my feelings might different from now, so I really am glad from the bottom of my heart to meet them.

I hope Nogizaka46 become a group that everyone love.

I will be glad if you keep supporting them.

If I look back, this group supposed to be only a checkpoint, but now I really fall in love with it.

I was never expected to stay in this group for so long, but…

I’m happy to be an idol!

Thank you very much.

Please take care of your body.

Let’s meet again!

Today, the weather in Tokyo is good.

Inoue Sayuri

Lacubo

Easy to get bored

Translator / QC @ Depressing Subs

My Twitter

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *