Nogizaka's Blog

At that summer night, I couldn’t look at the dazzling light of the vending machine. Kitagawa Yuri 2019.09.20

「蝉の声が聞こえた気がした。

         ーまだ夏は終わっていなかったんだ。」

ラジオの音が聞こえる。

昭和の笑い声が耳元でした。

流れるコマーシャルと

それを黙らせるように鳴る騒音。

色褪せない歌謡曲に目を閉じる。

シートベルトをした。

窓の外を覗く。

いつもと変わらない風景に目を閉じる。

タクシーを降りた。

走る。

タクシーで来た道を走る。

逆走する。

何かの群れを掻き分けながら、懸命に。

計り知れない未来に胸が踊る。

心が震える。

北風が私を引き留めようとする。

そよ風が私の頬を撫でる。

冷たい。

あたたかい。

頭が、温まる。

混ざる。

軽くなっていく。

駅に着いた。

電車には、乗らない。

もっと先まで走ってみる。

見たことのない景色が見たい。

何も考えずにただ走る。

世界が動きを止めたようだ。

息を、止めたようだった。

空が、見えた。

きれいなだいだい色の空だった。

泣きそうになった。

思い切り泣きたかった。

声に出して泣きたかった。

けど、泣けない。

まだ自分が自分を抑えていたんだ。

携帯を掲げる。

写真が撮りたい。

誰に見せる予定はない。

カメラを起動する。

画面が暗い。

点かない。

動かない。

目をこする。

再起動してみる。

何も変わらない。

ずっと、暗い。

黒の中に自分が映る。

自分の瞳に黒が反射する。

まぶしい。

不思議。

無限の黒が美しい。

夢幻の空に包まれる。

怖くなって顔を上げる。

周りには誰もいなくなっていた。

不安になる。

自分にしか見えない景色を見ている気がする。

この景色は自分にしか見えていない気がする。

不意に孤独が胸を突いた。

空しさに苛まれる。

帰りたい。

帰りたくない。

切りとる。

一生懸命に風を掴む。

空を掴む。

その正体は、

自分にしか見えていない気がしてたんだ。

どこまでがリアルかわからないこの世界。

どこまでを信じるのか。

カメラは壊れていなかったのかもしれない。

IMG_9912.png

現実と非現実の線引きが曖昧だからこそ、

この世界は輝き続けるのかもしれない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_9908.jpeg

IMG_9914.jpeg

前髪を分けてみましたー☺︎

IMG_9923.jpeg

IMG_9924.jpeg

個握ありがとうございました!

楽しかったです〜☺︎

本当にありがとうございます!!

以上、

アメリカ生まれ

高校3年生の

北川悠理でした〜◎

まる。

とってもありがとうございました☺︎

 

 

================================================================================

 

[Thought I heard the sound of the cicadas

ah.. the summer has not over yet]

 

I could hear the sounds of a radio.

The laughs of Showa era was close to my ears.

The commercials that was playing

mixed up with that and causing a commotion.

I close my eyes into the fading popular song.

 

I put my seatbelt on

and peeking out of the window.

I close my eyes into the usual scenery.

And got off from the taxi.

 

Run.

I ran to the street where taxi was coming.

Reverse run.

I tried my best to go through the crowd.

 

My chests was dancing towards an inestimable future.

My heart was trembling.

The north wind tried to stop me.

A gentle breeze brushed my cheeks.

So cold.

So warm.

My head getting warmed.

It got mixed.

And getting lightheaded.

 

I’ve arrived at the station.

Not planning to get on the train.

I want to try to run even more.

I want to see the scenery I’ve never seen before.

Just run, without thinking.

It’s like the rotation of the world has stopped.

It’s like… my breathe has stopped.

 

I could see the sky.

The color of the sky has been so beautiful for generations.

I wanted to cry.

I wanted to cry with all my heart.

I wanted to cry out loud.

 

I raised up my phone.

I wanted to take a photo.

It’s not like I want to show it to someone.

I opened the camera.

 

The screen was dark.

It won’t light up.

It won’t budge.

 

I rubbed my eyes.

And tried to open the camera again.

Nothing changed.

It stayed dark.

 

In the dark, the reflection of myself was there.

The darkness reflecting my eyes.

So bright.

So strange.

 

The endless darkness is beautiful.

Covered by the sky of fantasy.

 

I am getting scared.

No one else around me.

I’m getting anxious.

 

I feel like I see a scenery that can only be seen by me.

I feel like this scenery can only be seen by me.

 

The loneliness stroke my heart.

Get tortured by the emptiness.

 

Wanna go home.

Don’t want to go home.

 

Cut it down.

Try my best to grasp the air.

Grasp the sky.

 

The true form of it,

I feel like I’m the only one who can see that.

 

I don’t know how true this world is.

How far should I believe this.

 

Apparently my camera wasn’t broken at all.

 

 

Because of the line of reality and fantasy was so vague,

 

this world maybe will keep shining

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

My bangs divided into two

 

 

Thank you for the individual handshake!

It was fun~☺︎

Thank you very much!!

 

That’s all

Born in America

3rd year of high school

I am Kitagawa Yuri~

 

End.

 

Thank you very much☺︎

Lacubo

Easy to get bored

Translator / QC @ Depressing Subs

My Twitter

You may also like...

1 Comment

  1. Mamatt says:

    yuri poetic side is cute

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *