Nogizaka's Blog

A world where illumination and stars coexist. Kitagawa Yuri blog 2019.11.03 (English Translation)

“冬”

というその一文字だけで冬を十分に表現できている気がするのは私だけでしょうか。

冬というものを私たちはよく知っているから

冬、という言葉を聞いただけでなんとなく同じような景色を想像することができるのでしょうか。

でも私がアメリカに行ってすぐの時に、
一単語もわからなかった中でも
季節の単語は早く覚えることができたから、
どうやらそういうわけでもないのかもしれませんね。

何か特別な力をもっているのかも◎

みなさんは冬の風物詩といったら何を思い浮かべますか?

サーフィンしているサンタさんですか?
白い雪の中で反射している指輪ですか?
それともあたたかい暖炉、チェック柄?
他にも書き初めだったり、宿題だったり、
街ゆく人の笑い声だったり…
たくさんたくさんありますが、

冬ってどこかあたたかいイメージが私にはあります。
寒いからこそあたたかい心で過ごせるのかなーって思ったり☺︎

人が一番たくさんそして簡単に
作り出すことができるもの、
分け合えることができるものって
幸せなんだと私は思います。

人を笑顔にすることって
お金をかけなくてもできるし、
笑ってるだけで心は温まるし。
今年の冬の健康法は笑顔でいることに決まりです!

去年の冬といったら、私は小説を書いていました〜
(感情移入しすぎて泣きながら書いていました)

ということはおいておいて、
お久しぶりです☺︎
高校3年生、
アメリカ生まれ、
趣味は空を見ること、絵を描くこと、写真を撮ること、
好きな食べ物はグミとトマト、(他にもありそう)
な北川悠理です。

冬についての考察と推測はこのくらいにして、
(あっ、コートが着たいな)

次は石について書きたいと思います。

石って、
よく疲れた人に蹴飛ばされてしまったり、
顔を描かれて子供たちのおままごとに参加させられたり、
なかなか忙しいな〜と思うのです。
しかも、石は多分結構視界が良好で家の中でなければ大体の道端の彼らの世界で起きていることは見えていると思うのですが、
その中であれだけ動かないでいられるのはすごいな、と。

もし自分が石になるとしたらどんな石になりたいかというと、

砂浜の石になりたいです。

あとは転がりたいですね◎

ということで、
今日はこの辺で終わりにして石の観察に行ってこようかなと思います。

石はいつもみんなのことを観察している側だから逆に観察されるとなったら緊張してしまうのかな…?

以下、石の紹介です。

とってもありがとうございました☺︎

 

===================================

 

“Winter”

Is it only me who feel that that kanji alone is enough to demonstrate what’s winter feels like?

I know very well what the winter is.

I wonder if we can imagine the same scenery with only hearing the word ‘winter’

When I was living in America and know no words in Japanese, somehow I can remember the word of the season so quick.
Or maybe I’m wrong, eh?

It feels like it has some kind of special power

What’s the things that remind you of winter?

Is it Santa-san who went for surfing?
Is it the reflection of the ring inside the white snow?
Or is it a warm plaid stove?
The other things maybe start to write something, do homework, or the laughs of people who coming to town….
There’s plenty of it but…

For me, I feel the winter is warm.
Because of the cold, I can spend time with a warm heart

Happiness is the most and the easiest thing that people could make and share to each other.
That’s what I’m thinking.

To make people smile,
you don’t have to spend money,
with laugh, your heart will feels warm.
I’ve decided to spend this winter with smile as healthy method!

Last winter, I was writing my novel~
(I put to much emotions and because of that, I cried while writing)

With that being said, come here
It’s been a while
3rd grade of high school
Born in America
my hobbies are looking at the sky, drawing and taking pictures
my favorite food is gummies and tomatoes (there’s more of it)
I’m Kitagawa Yuri.

Let’s end the inquiry and guesses about winter here
(ahh, I want to wear coat)

For next, I wanna write about stone.

Stone,
exhausted people are often kick it away,
kids draw face on it and brought it to playing house,
I think stone is quite busy.
Moreover, maybe stone has a quite good field of vision, if they weren’t at home, they would be on the roadside. That’s their world that we could see but,
I think they’re amazing because they didn’t even move for quite long period.

If I was asked ‘what kind of stone you wanna be if you were a stone’

I want to be a stone on a sandy beach.

Also, I want to rolling around

With that, I’m gonna end it here for today and go observing the stone.

Since they always watching us all, I wonder if they gonna feel nervous when being watched…?

That’s all for stone introduction.

Thank you very much.

 

 

 

PS.
Just enjoy her unique sense😂

Lacubo

Easy to get bored

Translator / QC @ Depressing Subs

My Twitter

You may also like...

1 Comment

  1. mamatt says:

    Yuri-chan is unique

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *